スポンサードリンク

りさおはこうして受かった!~東大理三現役合格必勝法~(2)中学3年

前回は、りさおの中学1年から2年のときの、英語の塾に通ったときのお話でした。

りさおはこうして受かった!~東大理三現役合格必勝法~(1)中学1年から2年

 

今回は第2弾、中学時代の数学の勉強のお話です。

中学2年生のときには英語が得意になっていた一方で、数学が不得意科目となっており、学校のテストで赤点をとってしまうという悲惨な状況でした。

 

数学があまりにもできなかったので、中学2年生の終わりに英語の塾をやめて、中学3年生からVERITASという塾の数学の講座を受講しました。

当時、その塾はできたばかりで、なんと1講座分の授業料で、複数の学年の授業を受講することが出来ました。

授業は数学科の学生の先生が、本当に分かりやすく面白く教えてくださっており、目からウロコの連続で、あまりに面白かったので、週に3,4回ほど,中2,中3,高1,高3の4コースを同時に受講しました。

その塾では、当時、中学1年のコースで一般の中学の数学(代数と幾何)の講義を行い、中学2年から3年のコースで、高校数学の文系理系共通範囲の講義を行っていました。

このペースは、鉄緑会という塾でも同様です。

 

そんなわけで、中学3年生の1年間で、高校数学の文理共通の範囲までは一通り終えました。自分なりに、数学という科目について、以下のような教訓を得ました。

 

りさお流数学勉強法の極意

(1)technical term(専門用語)の定義と公理を覚える。

たとえば、線分とは何か?直線とは何か?と問われた時に、一言で答えられるようにしておく。

(2)必要な定理は暗記する。

制限時間内に問題を解くことできるように、必要な定理は暗記しておく。

(3)定理は、定義と公理から、自分で導けるようにしておく。

例えば、三角形の内角の和は180度であることを、迅速に自分の力で導けるようにしておく。そのことにより、論理的思考が身に付き、他の問題に対しても、自分の頭で必死に考えて、解けるようになる。

(4)復習が大事

どの教科でも復習が大事であるが、数学も、復習を繰り返して、知識と論理的思考を自分のものとしていくことが大事である。飽きていても、覚えているとは限らないので、しつこく復習する。

 

「キリッ(`・ω・´)」て書いたつもりでしたが、読み返してみると、もう本当に分かりにくくてすみません。

まあ、「数学は考えろ」と言われますが、最低限の暗記(言葉の定義とよく使用する定理)のもとに、飽きても、できるようになるまで復習を繰り返して論理的思考を身につけて、その土台のもとで、自分の頭で考えて、新しい問題に挑戦しましょうということを言いたいのです。

あれ?これでもすっごく分かりにくいですね。数学の勉強法については、機会があったら、どこかで具体例を交えて解説したいかも。。。

 

さて、話は戻りますが、私にとっての中学3年は高校数学の流れが見えてきたようで楽しい1年間でした。
この頃に使った参考書で印象的なのは,中3で「大学への数学シリーズ」(研文書院),高1で「SEG Brush Up Series」(米谷達也著,SEG出版)です。
まあ、面白そうな問題とその解答を流し読みしただけです。(私には難しくて、自分で問題をとくことができなかったのです。)

 

まとめますと、中学時代は、学校の授業の他に、

中1中2で英語の文法の勉強しかしておらず、数学はおちこぼれ、

中3で高校数学の勉強に集中したため、英語力は並まで急降下しました。

勉強法

Posted by risan


PAGE TOP